令和4年度 基本方針及び活動目標

基本方針

 令和元年度末より世の中に大変革をもたらしている新型コロナウイルス感染症が、令和3年度後半からは若年層で大流行し、学級閉鎖や休校も珍しいものではなくなってしまいました。そんな中、小学校においても、学級閉鎖になったクラスでは、タブレット端末を自宅に持ち帰り、クラスの交流を切らさずに学級閉鎖を乗り切る事例が出てくるなど、コロナ時代に応じた対応も見えてきました。
 
 一方、ステイホーム、外出自粛等により、かつてよりも家族で共にする時間を持てる環境が続いています。家庭内で子どもとの対話を増やし、自ら学び、学校・地域と共に次代を担う子どもたちの健全な発達を支える大人としての成長と、PTAの深化を図って参ります。
 
 また、秋田市PTA連合会は単位PTAを結ぶ連絡調整機関であります。秋田市の小中学生が等しく健やかな学校生活がおくれるよう、行政・企業・関係機関と連携を図り、新しいデジタル技術を取り入れながら全力でサポートして参ります。
 


活動目標

1 学校単位の枠を超えたPTA活動
・行政・企業・関係機関と連携し、会員に対し必要な情報を正確かつ的確に提供するよう努める。
・親子学習会を通して、郷土について学ぶ機会、新たな交流の機会を提供し、子どもたちの人を思いやる「豊かな心」、自ら「考える力」、「郷土を愛する心」を育成する。
・各地区ブロックとの交流に多くの参加を呼びかけ、情報交換、意識・連帯感の向上を図る。
・必要に応じてPTA会長研修を行い、PTAの方向性の確認、質の向上を図る。
・スポーツを通して秋田市内会員の交流を図り、PTA活動の増進に努める。
2 人権教育を基本にしたPTA活動
・いじめ・不登校・虐待などに対して規範意識を高める活動を推進する。
・特別支援教育への理解と認識を深める活動を推進し、すべての子どもの可能性を最大限に伸ばす環境づくりに努める。
・「一円玉福祉募金運動」を通して相互扶助の精神を推進する。
3 読書活動の推進と広報活動の向上を図るPTA活動
・子どもの読書活動を推進し、子ども達の教育環境の充実を図る。
・広報「あきたっ子」及びホームページ、フェイスブックを通して、基本方針並びに活動目標の浸透、また開催事業の告知・報告を行う。
4 安心・安全な生活環境条件の整備・充実に努めるPTA活動
・学校・家庭・地域の協働を強固にし、子どもの健全な育成、登下校時や学校・地域での安全を確保するための活動を推進する。
・食育をはじめとする子どもの望ましい生活習慣の確立や、心と身体の健全な成長のために研修活動に努める。また、「早寝・早起き・朝ごはん」運動の推進に努める。
・ネットトラブルなど、子どもに危険の及ぶ事案の把握、予防・対策に努める。
・感染症対策などの知識を学び、適切な対応を行うよう努める。
5 防災意識を高め、生命を大切にするPTA活動
・学校・地域とともに、防災意識の向上に努める。